ショートスリーパーのメリットやデメリット

ショートスリーパーのメリットやデメリット

⒈人より多くの行動が可能なショートスリーパー

ショートスリーパーのメリットとしては、通常の人よりも起きている時間が長いという点です。
結果として人より多くの行動する時間を確保できます。

その点から、積極的な行動をとる方も多く、生活上いろいろとメリットとなるでしょう。
通常の人なら6時間から9時間程度の睡眠を一日のうちにとりますが、ショートスリーパーの方の場合には、それよりも短い睡眠で問題なく活動できるため、メリットとしては大きいといえます。

質の良い睡眠がとれる点からも、短時間の睡眠であっても疲労などを次の日に残さずに快適に目覚めることができるため、より多くの自分の時間というものを他の人と比べても、多くとれるというのは魅力的です。

ですが、自分が行動できる時間が多いとはいえ、周囲の人が普通の睡眠をとるとなれば、友人や家族と共にいろいろと行動したくても、他の人が寝ている間は単独で行動をする、一人で過ごすことになります。

⒉他の方達との時間のずれが生じてしまうケースも・・・

この点に関してはデメリットともいえるでしょう。
一人で行えることならばいいですが、他の人と一緒に過ごす、楽しむ、何かしらの活動をするといった場合には、ショートスリーパーであるということが、少し他の方達との時間のずれが生じてしまうことにもなります。

ただし、その点を除けば多くの時間を起きて活動できるのは、普通の人に比べてもやりたいことが多くできるということでもあります。
趣味を楽しむ、スキルを身につけるために学ぶなど自分にとって役立つことに対して積極的に費やしてみるのもいいでしょう。

普通の人がショートスリーパーになることはできるのかと疑問に思う方もいるでしょうが、基本的には、体調を崩すことになりかねないので止めておいたほうが無難です。

睡眠というのは、体の疲れを癒すという意味では重要なことであり、眠いというのは、体が休息を欲していることでもあります。

⒊自分に合った生活、睡眠時間を取ることが大切

少しでも活動する時間を多くしたいからといって、無理に起きてしまう、眠くても我慢して睡眠時間を削って生活を続けていると、疲労やストレスが溜まりやすい、自律神経やホルモンバランスの乱れなど体の機能に対して悪影響となるケースも多く、基本的には無理をしないこと、眠い時にはしっかりと睡眠をとることが重要です。

無理に睡眠時間を削ってショートスリーパーと同じような生活をしようとせずに、自分に合った生活、睡眠時間をとるということが大切だといえます。

ショートスリーパーは、メリットが多くデメリットが少ないというのが特徴的です。
寝ている時間が少なく活動できる時間が多いのは、周囲からみてもとても魅力的な生活でもあります。

もう少し多くの時間、起きていられたらと思うこともありますが、普通の人が同じ様な生活をすることは厳しいでしょう。
疲労を次の日に残さないようにするためには、しっかりとした睡眠をとるということが大切です。

無理に睡眠時間を削ることがないように、その人にあった睡眠時間を確保しましょう。